まる接骨院

まる接骨院 西東京市 西武新宿線東伏見駅1分

042-450-5071
〒202-0021
東京都西東京市東伏見3-2-1

ふくらはぎ 一覧

    ふくらはぎ 最新1件

    「シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)」

    今日の患者さまシリーズ

    「足のスネの痛み」でございます。


    50代 女性

    1ヶ月前くらいから、徐々にスネの下のほうに痛みが出現し、
    我慢してウォーキング等を繰り返していたら、
    足首を少し動かすだけでも痛くなり、整形外科さんに受診したが、
    レントゲン所見にも異常がなく、湿布を処方してもらったが、
    変化がないということで御来院。


    いつものように問診、視診、触診。
    そして確認でエコー検査でございます。


    そして結果は「シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)」

    sin.jpg


    シンスプリントは、走るスポーツを行っているアスリートに多く、
    オーバーユースによって起こる症状の一つで、
    下腿の筋肉が、骨の表面の骨膜を牽引し、炎症を起こし、
    運動時、運動後にスネの内側に痛みを生じる症状です。

    悪化すると「疲労骨折」を起こす場合も多々ありますので、
    しっかりと治療が必要です。


    誘引を挙げてみると、

    ・オーバーユース(練習量、使用量)
    ・足の足底部のアライメント不良(偏平足など)
    ・硬いアスファルトを走る
    ・ソールの硬い靴の使用
    ・下肢を中心としたフォーム不良

    などなど個人個人、原因は異なります。


    今回の患者さまは、硬い地面で硬いソールを、
    長期間使用し運動、生活していたことによって、
    足底筋部を中心にオーバーユースでアーチが崩れ、
    下腿疼痛部にストレス、歪みが生じ発症。

    エコー検査でも脛骨表面にも異変が診られ、
    「疲労骨折」の疑いもある為、しばらく安静加療となりました。

    sinsprint.jpg


    「まる接骨院」では疼痛関連部、周囲の筋緊張を除去し、
    関節のアライメントを調整後、損傷部位の組織を、
    アキュースコープ、マイオパルスで修復を促し、
    早期回復、早期復帰を目指します。


    「シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)」はスポーツ種目によって、
    損傷部位にも違いがあり、誘引も違います。

    完治にはしっかりとした誘引究明、損傷状態の把握が重要です。


    お悩みの方はお気軽に御相談下さい。

    ふくらはぎ 過去の投稿

  • 「シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)」

    今日の患者さまシリーズ 「足のスネの痛み」でございます。 50代 女性 1ヶ月前くらいから、徐々にスネの下のほうに痛みが出現し、我慢してウォーキング等を繰り返していたら、足首を少し動かすだけでも痛くな… →さらに読む

  • アキレス腱の痛み

    アキレス腱の痛み

    最近の流行病は「アキレス腱炎」 名前を聞くだけでどこのケガか想像がつくと思いますが、アキレス腱炎を起こす原因は走ったり、飛んだりし、ふくらはぎの筋肉が収縮することによってアキレス腱が引っ張られ、負荷が… →さらに読む

  • 腓腹筋の肉離れ

    腓腹筋の肉離れ

    先日、導入した「超音波画像観察装置」いい仕事してくれます。 本日二枚の写真、両方とも「ふくらはぎの肉離れ」 1枚目は受傷後1ヶ月。 ピンクの矢印部分、筋繊維の断裂部分が、バッチリ写っとります。 受傷後… →さらに読む

  • ふくらはぎの肉離れ

    ふくらはぎや前腕の骨折・脱臼・打撲・肉離れに後に起こす可能性のある「コンパートメント症候群」についてご説明させていただきます。 47歳 男性ラグビーのプレー中、走り出す際にふくらはぎの肉離れを起し、一… →さらに読む

  • スネの痛み「シンスプリント」

    新学期シーズンやシーズンイン時に起こりやすいスネの痛み「シンスプリント」について今日はご説明させていただきます。 大学3年生テニスプレイヤーボールを追っかけ走った時、踏み込んだ時に痛むと御来院。触診す… →さらに読む

1