まる接骨院

まる接骨院 西東京市 西武新宿線東伏見駅1分

042-450-5071
〒202-0021
東京都西東京市東伏見3-2-1

肘 一覧

    肘 最新1件

    野球肘

    今日の患者さまは「野球肘」


    「野球肘」は野球をしたことのない方でも、
    聞いたことはあるのではないでしょうか??


    分類的には3つに分けられております。

    ①内側型

    投球動作の加速期に上腕骨内側上顆へ、強い外反ストレスによって牽引力がかかり、
    内側側副靭帯の損傷や上腕骨内側上顆骨端核損傷を起こすタイプ。


    ②外側型

    投球動作の加速期に肘の外側部に圧迫力が働き、橈骨頭傷害や、
    上腕骨小頭離断性骨軟骨炎を起こすタイプ。


    ③後方型

    投球動作の減速期からフォロースルー期における、肘の伸展強制によって、

    肘の後方が炎症を起こし、疼痛を生じるタイプ。


    野球肘は基本的には投球過多、オーバーユースが原因となるスポーツ障害で、
    投球ホームの崩れ、体の使い方、バランスの悪さが原因となる場合もございます。

    ジュニア期、成長期に発症した「野球肘」「野球肩」は骨が損傷を受けるため、
    痛みだけではなく、成長障害や変形という後遺症を残す場合もあるので、
    なによりも早期発見がとても大切です!!

    最近では甲子園に出場する投手はメディカルチェックを受け、
    状態によっては出場できない場合もあります。

    そうならないよう2・3ヶ月に一度、野球肘、野球肩のチェック・検診が理想的です。


    前置きが長くなりましたが、今回の患者さま 13歳中学生男子


    ポジションはキャッチャーでボールを投げていると、
    徐々に肘の内側に痛みが出てくるとご来院。

    問診後、視診、触診をしっかりしてエコーで確認。

    すこし右上腕骨内側上顆周辺組織に炎症が診られましたが、
    比較的、骨・筋・腱の状態は良好な状態。

    同時に損傷し易い外側部、上腕骨小頭付近のチェックも行い、
    問題ないことを確認。

    yakyuhiji.jpg

    ひとまず大事に至らなくて安心でした。

    今回は内側上顆周辺、関連筋のバランス調整を行い様子をみることに致しました。

    まる接骨院では肘・肩の状態検診は超音波観察装置(エコー)で行っております。
    野球以外の種目、テニス、ゴルフ、アメフトなど、肘・肩に負担のかかるスポーツ、
    その他オーバーヘッドスローのスポーツをされている方は、
    お気軽にご来院、ご連絡お待ち致しております。

    肘 過去の投稿

  • 野球肘

    今日の患者さまは「野球肘」 「野球肘」は野球をしたことのない方でも、聞いたことはあるのではないでしょうか?? 分類的には3つに分けられております。 ①内側型 投球動作の加速期に上腕骨内側上顆へ、強い外… →さらに読む

  • 石灰沈着

    今日の患者さま。 ぶつけたり、転んだりした覚えがないのに、急に肘が少し触る、動かすだけでも痛いと御来院。 診せて頂いても、触診しても骨折しているような、所見はないのでエコー(超音波画像診断装置)で確認… →さらに読む

  • テニス肘(内側上顆炎)

    テニス肘(内側上顆炎)

    テニス肘(内側上顆炎)でお悩みの患者様、 午前の診療中に続きました。 テニス肘はバックハンドの連続で肘の外側上顆を痛めるタイプと、フォアハンドで肘の内側上顆を痛めるタイプがあります。 発生機序はボー… →さらに読む

  • 上腕骨内側上顆炎

    [来院動機] 東伏見という土地柄、当院すぐ裏に早稲田大学野球場がある為、野球選手が多く来院 [ケガの内容] 症状は野球肘内側型、オーバーユース(使いすぎ)による損傷。痛みが強く出る前から、肘関節周囲… →さらに読む

  • 野球肘(リトルリーグ肘)でお悩みの際は、西東京市東伏見「まる接骨院」へ

    最近「西東京市まる接骨院」では、 野球少年が急増しております。 故障箇所で多いのは、やはり「肩」「肘」 今回は「野球肘(リトルリーグ肘)」 また「離団性骨軟骨炎」とも言い 10歳~14歳位の成長期の子… →さらに読む

1