まる接骨院

まる接骨院 西東京市 西武新宿線東伏見駅1分

042-450-5071
〒202-0021
東京都西東京市東伏見3-2-1

足首 一覧

    足首 最新1件

    アイスホッケーのプレー中に足首を捻挫

    「今日の患者さん」

    アイスホッケーのプレー中、足首を捻ったと御来院。

    足首の捻挫といえば、前距腓靭帯という"外くるぶし"の、
    斜め下前方の靭帯を痛めることが多いですが、
    今回、触診・徒手テストをしていたら、どうやら前距腓靭帯は大丈夫そうで、
    「長趾伸筋腱」という足の指を反らせる腱を痛めてることが判明。

    長趾伸筋腱.jpg

    長趾伸筋腱ねんざ.jpg

    アイスホッケー、フィギュアスケートはシューズがブーツ状で、

    足首が固定されている為、過度に内側に捻り辛くはなっていますが、
    底屈は比較的できるので、前距腓靭帯より近位、高位の部分を痛め易いです。

    長母趾伸筋腱捻挫.jpg


    今回もエコー検査でしっかり、長趾伸筋腱自体が腫れているのを確認でき、
    的確に損傷部位を確認しながら治療ができて安心です。

    的確に損傷部位を治療、ケアすることが早期復帰・回復への近道です。


    この後、アキュースコープ、マイオパルスで損傷部位の細胞修復を促進させ、
    テーピングで圧迫し、腫れを抑えていきます。


    この夏らしくない夏、まだまだ練習が続く・・・
    試合が近いけどケガをしてしまった・・・

    とお悩みの方は、お気軽に御相談下さい!!

    足首 過去の投稿

  • アイスホッケーのプレー中に足首を捻挫

    「今日の患者さん」 アイスホッケーのプレー中、足首を捻ったと御来院。 足首の捻挫といえば、前距腓靭帯という"外くるぶし"の、斜め下前方の靭帯を痛めることが多いですが、今回、触診・徒手テストをしていたら… →さらに読む

  • 足首のねんざ

    フィーチャーズというテニスの大会に、出場するくらいのアスリートプレイヤー。 テニスのプレー中、足首を捻ってしまったと御来院。 発生機序、問診、視診、触診から診る限り、中等度の足関節捻挫と考えられ、エコ… →さらに読む

  • アキレス腱の外側の痛み「三角骨障害」

    アキレス腱の外側の痛み「三角骨障害」

    「まる接骨院」はアスリートの患者さまが多いです。 フィギュアスケーター、アイスホッケー選手、サッカー選手、テニスプレイヤー、ラガーマン、陸上ランナー、あと意外と多いのがボルダリングのクライマー、なかな… →さらに読む

  • 有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)

    「有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)」 足の内くるぶしの下、土踏まずの出っ張った骨が痛いという、患者様が最近、大変、多ございます。 有痛性外脛骨と聞いてもピンッとくる方は少ないと思います。簡単に… →さらに読む

  • 足首の前側の痛み

    足首の前側の痛み

    本日の施術報告「距腿関節-Ankle joint」 サッカーのプレー中、シュートの軸足時、切り替えし動作時に「足の外くるぶしの前側が、体重をかけると痛い」と御来院。 体重負荷時姿位で御覧の通り、距腿関… →さらに読む

  • 「前脛腓靭帯損傷」

    今日の患者様は「足首の上の痛み」「足の外くるぶし、内くるぶしの間が痛い」あまり聞きなれない名称かもしれませんが、「前脛腓靭帯損傷」足首の捻挫の一つです。 前脛腓靭帯は下の写真の部分で、脛骨と腓骨を結ん… →さらに読む

  • 足首の捻挫

    こちらの患者様、サッカー中、スライディングをし、折り曲げた足が人工芝に引っ掛り受傷。 診た目の腫れも色もとても派手で、初診時は歩けず、足を付けずで御来院。しっかり処置し、固定したところ、翌日にはスイス… →さらに読む

  • 「後脛骨筋炎」「長趾屈筋炎」「長母趾屈筋炎」

    今日の患者様バレエの「ルルベ」の姿勢をとったら「内くるぶしの後ろが痛い」と御来院。患者様のお話を聞き、触診し、実際に動いてもらいながら疼痛部位を確認した所、「後脛骨筋」「長趾屈筋」の炎症を確認できまし… →さらに読む

  • 足の腱鞘炎

    今日の症状は「長趾伸筋腱」「長母趾伸筋腱」の炎症。足の腱鞘炎とでもいいましょうか、、、「足の外くるぶし」「内くるぶし」周りの痛み。「足の甲」の痛みです。体重をグッと乗せた時、背伸びをした時などに痛みを… →さらに読む

  • 足関節捻挫4日目

    足首の捻挫4日目内出血の色もだいぶ吸収され歩行時の痛みもほぼ無くなり順調でなによりでございます。 少しまだ、全体的に腫れぼったい感じが残っていますがここからは少し自分でも動かしてもらいリハビリをしなが… →さらに読む

1 2